CGWORLD 2006年1月号 Vol.89 -  [CGWORLD 2006年1月号 Vol.89 (シージーワールド ナンバー89]

CGWORLD 2006年1月号 Vol.89
カスタム検索



Page Top

第1特集 ストーリーを活かす演出と絵作りのポイントとは? anchor.png

アニメーションスタイル・8


ここ10年ほどの間で、TVアニメーション作品の放映タイトル数は増加してきているといわれている。多数の放映作品の中にあっても埋もれることなく、「毎週観てみたい」と視聴者に思わせる作品を作るために、制作陣はどのような“スタイル”を構築しているのか。現在放映中の8作品の物語の仕掛けの意味と絵作りのポイントに迫る!



Page Top

作品タイトル anchor.png

■『蟲師』
放映日/フジテレビジョン:毎週土曜27:40〜、関西テレビ:毎週土曜27: 15〜、東海テレビ:毎週水曜27:58〜、北海道文化放送:毎週金曜26:30〜、テレビ西日本:毎週水曜26:15〜、テレビ新広島:毎週水曜25:35〜
詳しくは公式HPにて


■『ノエイン もうひとりの君へ』
放映日/ちばテレビ:毎週火曜日25:30〜、テレビ埼玉:毎週金曜日26:00〜、テレビ神奈川:毎週木曜日25:15〜、テレビ愛知:毎週火曜日27:58〜、サンテレビジョン:毎週木曜日26:05〜、キッズステーション:毎週金曜日24:00〜(再放送:毎週金曜日28:30〜、日曜日24:00〜)
*テレビ放送の翌週から1週間の間、バンダイチャンネルにて無料で視聴可能


■『IGPX』
放映日/テレビ朝日:毎週水曜日26:40〜 より、朝日放送:毎週火曜日26:51〜、名古屋テレビ:毎週水曜日27:08〜*「カートゥン ネットワーク」(ケーブルテレビ)でも、2006年1月より放送予定。詳しい
視聴方法などは、カートゥーン ネットワークにて


■『Capeta』
放映日/テレビ東京:毎週火曜18:00〜,テレビ大阪:毎週火曜18:00〜、テレビ愛知:毎週火曜18:00〜、テレビ北海道:毎週火曜日18:00〜、TVQ九州放送:毎週火曜18:00〜、テレビせとうち:毎週火曜18:00〜18:30、BS-JAPAN:毎週水曜18:25〜
詳しくは公式HP


■『BLACK CAT』
放映日/BS-i:毎週水曜日26:00〜、CBC:毎週金曜日27:15〜、MBS:毎週土曜日26:25〜にて放映中。
詳しくは公式HPにて


■『BLOOD+』
放映日/MBS・TBS系列全国ネットにて毎週土曜18:00〜
詳しくは公式HPにて


■『ゾイド ジェネシス』
放映日/テレビ東京系:毎週日曜8:30〜
詳しくはこちら
■『交響詩篇エウレカセブン』


放映日/MBS、TBS系全国ネット:毎週日曜7:00〜
詳しくは公式HPにて



Page Top

第2特集 最新シェーダ技術、注目レンダラから知る anchor.png

質感表現フロンティア


CGで質感を表現するために重要なシェーダ。その歴史、その進化の過程、現在の映画で見られる最新技術から今後トレンドになるであろう技術を考察する。加えて、現在の業界スタンダードなレンダラの実力も紹介



Page Top

Contents anchor.png

・Column
 進化するシェーダ理論と技術
・Renderer Review
 mental ray
 Vray
 finalRender
・PICK UP Renderer
 RenderMan
 MaxwellRender




Page Top

Specials anchor.png

●Shake 4が生み出すスケール感
映画『男たちの大和/YAMATO』
VFXによって迫力あるシーンが次々と展開する本作では、どこが実写でどこからCGなのか判別不能なほど、精巧になじませた画作りが行われた。この現実にはない壮大なビジュアルを作り出すため、メインツールとして使用されたのがShake 4。ここでは、映画制作におけるその具体的な活用方法を追う。


●つぶれてのびるCGアニメーションへの挑戦
映画『チキン・リトル』に迫る!
マーク・ディンダル監督が語る制作秘話
12月23日より公開されるウォルト・ディズニー入魂の初長編フル
CGアニメ『チキン・リトル』。
画作りのコンセプトから、ディズニーならではの2D的アニメーション“つぶれてのびる”を3Dで表現するための試行錯誤、そしてそれを支えたツールまで、マーク・ディンダル監督に語っていただいた。


●スタジオ4℃が手がけるOPアニメーション
TBS『リンカーン』
ダウンタウン、さまぁ〜ず……など豪華レギュラー陣の共演で注目を集めるTBSのバラエティ番組『リンカーン』。そのOPを飾るのが、スタジオ4℃によるアニメーションムービーである。キャラクター化した出演者達がSFの世界でバトルを繰り広げるという、この独自の世界観を描いたOPアニメは一体どのように誕生したのだろうか? そのメイキング秘話に迫る。


●ニンテンドーDSにおける、グラフィックづくり
『マリオカートDS』
ニンテンドーWi-Fiコネクションに対応し、世界中の人達と対戦できるようになった『マリオカートDS』。マリオが持つ世界観の表現、そしてニンテンドーDSにおけるビジュアル作りとは、一体どのようなものだろうか? 任天堂の開発スタッフたちにお話を伺った。


●世界のCMフェスティバル2005
仕掛け人直撃インタビュー!/ジャンクリスチャン・ブーヴィエ
世界50ヶ国のおもしろCM500本をオールナイトで上映、幕間にはド派手なパフォーマンスを繰り広げる内容てんこ盛りのイベント、世界のCMフェスティバル。主催とプロデュースを手がけるブーヴィエ氏にイベントとCMの将来について率直に語ってもらった。




Page Top

連載 anchor.png

●アミューズメント探検隊
モンスターファーム5
独自のゲームシステムが好評を博す『モンスターファーム』シリーズ。その最新作の中から、オープニングムービーをご紹介する。ゲーム中と異なる、テクスチャの効いたトゥーン調のビジュアルが特徴的な本OPのメイキングについて、お話を伺った。


●TV&CM REPORT
日本テレビ『&日テレ 〜Believer篇〜』
可愛らしさの中にもとぼけた印象を持つアーンちゃんと、とある女性の日常を描いた『&日テレキャンペーン』のTVCM。CGで制作されたキャラクターと実写映像が見事に融和した本CMの、キャラクターアニメーションから合成テクまでご紹介。


●絵コンテ描こうぜ!
イシバシミツユキ
槇原敬之「ココロノコンパス」ミュージックビデオ
ミュージックビデオにしては珍しい、アニメーション作品。本作の絵コンテは実写映像のものに近いが、縦と横に時間軸がある独特なもの。物語、演出内容とともにコンテがどう使用されたかを尋ねる。



●必殺テクスチャイリュージョン
紅髯の海水魚
ディスプレイで作る質感表現を、海水魚を題材にご紹介。存在感のある質感づくりを目指す!


●人体II

動きによる“脚”の形の変化を中心にご紹介。つま先立ち、リラックスした脚など……脚の構造、形状の特徴を知る。


●The Finish Works
ケータイムービーをフィルムライクに加工する
今や誰もが持っている携帯電話。そんな携帯電話で撮影したムービーを8mmフィルム風のムービーへと変貌させよう。さらにケラレとホットスポット、白飛び、燃焼効果といったフィルムまわりで起こる現象を表現する方法も紹介する。


●モデリングコンプリート
シミュレ−ションゲームの女参謀キャラクター
キャラクターの性格を表現する、特徴的なパーツを盛り込んだモデリングに挑戦。コミック風にデフォルメした顔、髪の毛の作成など、キャラクター系の人体づくりを紹介する。


● キャラに命を吹き込もう!
人間の泳ぎ方〜背泳ぎ〜
今回は一連の人間の泳ぎ方の締めくくりとして「背泳ぎ」について考えていきたいと思います。


●Beyond Japan
笠井睦子(パンデミックスタジオ)
ここ数年、ハリウッドの映画産業のみならず、アメリカのゲーム業界で活躍する日本人アーティストが増えてきている。今回は、ロサンゼルスの大手ゲームデベロッパーであるPandemic Studiosで活躍中の笠井睦子氏に、アメリカのゲーム業界における制作秘話をうかがう。


●パラダイムシフター
現在公開中の映画『エイリアンVSヴァネッサ・パラディ』では、世界感そのものは極めてフランス的でありながらも、これまでのフランス映画にはあり得なかったような表現方法が随所で用いられており、本国フランスでも大きな話題となったという。今回はこの映画を監督したポワロー兄弟とのインタビューを通して、フランス映画の新しい形とその可能性を探る。


●Technical Frontier
バーチャル・フォトグラフィ 第1回
SIGGRAPH2005で注目を集めたバーチャル・フォトグラフィは、撮影された画像情報をもとに、光がレンズを通過してフィルム(CCD)に感光されるまでの過程をシミュレートする手法だ。これにより、撮影時とは異なるカメラの内部設定で捉えた画像を作成することが可能となる。今回は、ライトフィールドの概念を導入したこのバーチャル・フォトグラフィを紹介する。


●現場制作日記
『BLOOD+』篇(2)
今月から全3回にわけて登場していただくのは、10月8日より放映がスタートした、TVシリーズ『BLOOD+』(ブラッド・プラス)の制作スタッフの皆様。二番手には、特集記にも登場していただいている演出チーフの松本淳氏に登場していただきました!





定価 1,280円(税込)
判型 A4変型
発売日 2005年11月29日
<販売終了>





Front page   Diff Backup Copy Rename Reload   New List of pages Search Recent changes   Help   RSS of recent changes (RSS 1.0) RSS of recent changes (RSS 2.0) RSS of recent changes (RSS Atom)
Counter: 2347, today: 2, yesterday: 1
Last-modified: 2009-12-08 (Tue) 14:21:15 (JST) (3943d) by ASKMaker
メニュー
サイト内検索
ログイン
ユーザ名:

パスワード:

IDとパスワードを記憶

パスワード紛失