CGWORLD 2006年6月号 Vol.94 -  [[[CGWORLD 2006年6月号 Vol.94 (シージーワールド ナンバー94]]

CGWORLD 2006年6月号 Vol.94
カスタム検索



[[CGWORLD 2006年6月号 Vol.94 (シージーワールド ナンバー94] anchor.png



【 詳しい情報・購入は ONLINE BOOK STORE 】
CGWORLD 2006年6月号 Vol.94 
商品に関する最新情報・在庫確認・ご購入は上記にて行えます。




Page Top

第1特集 美しいモデルを作るポイントは? anchor.png

曲面・曲線を極める


みなさんは曲面や曲線を表現するとき、どういう手法を使っていますか?
ポリゴンモデリングでも表現できますが、自由曲面モデリングを使うのが一番適しています。
すこし扱いは難しいけれど、機能と特性を理解して、自由曲面モデリングを極めよう!
冒頭では概論として、美しい曲面を再現するためのモデリングの法則を再考します。
そして、ソフトごとに曲面モデリングの技を紹介していきます。



Page Top

Contents anchor.png

■概論
 美しい曲面を再現するモデリング術
■ソフト別曲面モデリング術
 Part 1 AUTODESK MAYA<立読みできるよ!>
 Part 2 3ds Max
 Part 3 SOFTIMAGE | XSI
 Part 4 LightWave 3D
■実践! 自由曲面モデリング
 Tシャツ<立読みできるよ!>
 ハイヒール



Page Top

第2特集 ものの見方にも技がある! anchor.png

デッサン、ちゃんと描けてますか?


モチーフの形を正確に捉えるということは、モチーフの形をきちんと理解することです。
どうすれば、モノの形を正確に捉え、写すことができるのでしょうか。
「モノの見方」を、武蔵野美術学院で講師を務めている伊東茂氏と、ポリゴン・ピクチュアズの漆原成晃氏のお二人にご登場いただき、お話をうかがいました。
最後には、「粘土と3DCGで作るキャラクター造形」と題して、粘土と3DCGでまったく同じキャラクターを造形する場合に、それぞれの手法の特徴や共通点を見ながら、モノの形を理解しながら立体物を作り上げる重要性について考えます。




●CoverStory「孤高のギタリスト」
今月の表紙は、ギタリストの繊細な演奏テクニックと、奏でられる美しいリズムのイメージを感じられるようなロックなシーンをCGで再現しました。
モデリングで作りこまれたポーズ、衣服の皺など、デザインからLightWave 3Dを使ったレンダリングまで、制作のポイントやテクニックを大紹介します。


●『アイス・エイジ2』TECHラボ
ブルースカイ・スタジオの最新作となる本作には、リアルな動物の毛をはじめ、ハイレベルな技術がふんだんに盛り込まれています。
ここでは、Fur、水、ボリュームという難易度の高い表現を、どうやって作り上げたかを紹介します。


●レンダラを駆使したVFX『海猿』
海猿シリーズの最後を飾る本作では、巨大フェリーの沈没という、フォトリアルな表現が求められた。
この難易度の高いVFXを、レンダラの本格的な導入により、短期間で高品質な映像を実現させた。
本作の制作フローを通じて、これからのクリエイティブワークについて考えてみよう。


●「ファイナルファンタジーXII」Deep Inside 03
第3回となる今回は、アニメーションチームによる、「自然な動きを効率よく生み出す手法」と、ライティング&コンポジットチームによる「繊細に素材を分けて表現するリアルな空間」をお送りします。
オープニングムービーでも見られるあのシーンの、実制作でのテクニック、制作裏話まで、読み応えのある内容でお届けします!
(4月号・5月号もあわせてご覧ください!)


●DVDのキホン
先月から6回にわたり、キレイな映像を残すためのDVD制作に関するコツやポイントを紹介しています。
第2回目の今回は、規格やフォーマットのキホンを、数多くのメディアの違いから、自作DVDに適したメディア、そしてデータ書き込み時の注意点などを押さえています。
この連載を読んで、高画質DVDビデオによる3DCG動画の配布に役立ててください! 


●Beyond Japan
この連載は毎回、海外で活躍されている日本人にスポットをあてます。
今回は、ハリウッドの日本人クリエイターたちに「ありませんせー」という愛称で親しまれている有馬真作氏の登場です。
サンフランシスコの大学でCGを教える教育者として、そのキャリアをスタートし、現在はハリウッドの大手スタジオ、ドリームワークスアニメーションSKGに籍を置く有馬氏のバックグラウンドに迫ります。


●アミューズメント映像探検隊
完全な3D空間でゲームを構築しながら、アナログな暖かみを感じさせるビジュアルで自然を描くネイチャーアドベンチャー『大神』(PS2)を紹介します。
発売前から大きな期待を集めた本作の独特の雰囲気は、決して新しい技術や、独創的な手法で表現されているわけではなかった。


●TV&CM REPORT
Sony Ericsson「DoCoMo SO902i FOMA STICK」TVCM
コマ撮り感のあふれるアニメーションで、箱型の人間がコミカルに動く印象的な本CM。
コンセプトのおもしろさを最大限に引き出した、監督の強いこだわりとは?


●絵コンテ描こうぜ!
BMB「UGA」TVCM
ユーモラスかつインパクトのある映像表現で、視聴者の目を釘付けにする本作。
一般的なCMの枠を超えて、自由に表現されている「UGA」シリーズ作品の演出内容について、ディレクターの小島淳平氏に聞いた。


●paradigm shifter
今年のイマジナグランプリを受賞した『ClikClak』。
細部まで行き届いた演出や、完成度の高さ以外に、メッセージ性ある哲学的ストーリーが話題となった。
今回は、その新しいCG表現スタイルを紹介する。


●必殺テクスチャイリュージョン
今回のテーマは「海上の巨大都市」です。
プラグイン「Dreamscape」を活用した制作術を紹介します。
町並み、海、カモメ、雲の作成。そして、最終合成までの制作をご紹介します。


●人体II
今回のテーマは「手」です。
以前に取り上げたときは、その骨格、構造と仕組みを解説しましたが、今回は動きによる形の変化に注目して紹介していきます。
その動きこそ少ないものの、第二の顔とも言われるほど表情豊かな手の動きを、細やかに観察していきましょう。


●The Finish Works
「エフェクトを駆使して作り上げる映画予告編用タイトルワーク」と題し、ロゴが持つ文字情報を短い時間で確実に伝えながら、効果的な演出を加え、観客の目を引きつける具体的なポイントを解説していきます。


●Technical Frontier
プロシージャル・テクスチャの応用「風化シミュレーション」
物体の色や柄が前計算されたプロシージャル・テクスチャの考え方は、自然物のような、表面形状や周りの環境に応じて規則的に変化する様にも適用できる。
今回はこの考え方を応用した、自然物の風化シミュレーションを紹介する。


●至妙モデリングコンプリート
「学園ゲームに登場する活発なヒロイン」
先月に引き続き、今回もローポリゴンでモデリングしていきます。
モチーフは女子高生ヒロインで、ローポリとはいえ、服などの皺もある程度作りこんでいきます。
ローポリゴンならではの内容となっています。


●CGレベルアップ講座 基礎力向上編
4人のクリエイターたちが同一テーマで作品を制作!先月からのテーマ「昆虫」です。今回はテクスチャや質感を表現していきます。
1.てんとう虫(LightWave 3D 8.5)
2.オオツノハナムグリ(3ds Max)
3.セミ、蝶(Maya)
4.ヘラクレスオオカブト(SOFTIMAGE | XSI)


●キャラに命を吹き込もう!
車とバイク〜らしさの描写と演出〜
メカといえば基本ともいえる「車」「バイク」のタイヤの動かし方、モータースポーツのカメラについて考えていきます。


●JobHunter Special
TV、CF、映画、ゲームなど映像制作に携わる仕事をGetする求人情報。
今月は先月に引き続きスペシャルバージョンです。転職・就職を成功させる「作品集」。その制作のヒントも大紹介します!
求人情報もいつもよりたくさん掲載しています。
ぜひご活用ください!


WEB版JobHunterも新装オープンしました![JobHunter ONLINE]




定価 1,280円(税込)
判型 A4変型
発売日 2006年4月27日





Front page   Diff Backup Copy Rename Reload   New List of pages Search Recent changes   Help   RSS of recent changes (RSS 1.0) RSS of recent changes (RSS 2.0) RSS of recent changes (RSS Atom)
Counter: 2031, today: 1, yesterday: 1
Last-modified: 2009-12-08 (Tue) 14:21:19 (JST) (3976d) by ASKMaker
メニュー
サイト内検索
ログイン
ユーザ名:

パスワード:

IDとパスワードを記憶

パスワード紛失