DTPWORLD 2006年8月号 Vol.98 -  [DTPWORLD 2006年8月号 Vol.98 (でぃてぃぴぃわーるど なんばー98)]

DTPWORLD 2006年8月号 Vol.98
カスタム検索



Page Top

6号連続綴じ込み付録 DTPお役立ちカードvol.5 anchor.png

【今月号のテーマは『文字』!】
DTPの制作に役立つ情報をカードにして、4月号から6号連続でお届けしています!
毎回変わるテーマごとにカードを集め、
6号分、計64枚を揃えれば、いつでも役立つカードセットの出来上がり!
今月は、いろいろな記号を入力するときの読み一覧から、
読めない文字の入力方法をATOK、EGBridge、IME、ことえりなど、日本語入力プログラム
ごとに掲載、文字入力に関するあれこれをご紹介します!



Page Top

特集 王道の知識がデザインの鍵になる! anchor.png

不変のレタッチ術、進化する印刷術。


■part 1  仕事で採用される画像処理の鉄則
これまでのレタッチ特集とは一線を画す、本特集。
Tipsの紹介ではなく、『どのようなバランスで画像を仕上げれば
仕事が通るのか』という部分にポイントを絞っている。
オペレーションテクニックが高ければ、効率良いレタッチができる
のではない。「クライアントの好みを的確に捉え、それをワーク
フローに活かす」ことこそが、レタッチの極意なのだ!
アナログ時代に存在し、色に関する責任を一手に引き受けていた
レタッチマンをご存知だろうか?
その存在はMacの台頭とともに消えてしまったが、彼らの持っていた
"色の明確なイメージ"は今でも十分に通用するものだ。


本特集では、本誌でおなじみ「マスター郡司」「アミテンの寅」の師匠筋に
あたる、著名なレタッチマン坂本恵一氏にもお話をお伺いしながら、
仕事として採用される画像処理の鉄則を伝授する!
●明るく・暗く
「逆行の飛行機を明るくしたい」
「カメラマンの意図通りに補正して欲しい」
●彩度
野菜の新鮮な緑色を表現したい
桜の花びらをピンクにしたい
●質感
ラーメンのシズル感を出して欲しい
肉料理のツヤを演出して欲しい
生肉の新鮮みを出して欲しい
色の浅い写真にメリハリを出したい
柄図の煌めきを強く表現したい
木目の地を強調したい
白いドレスをうまく表現したい
高級感のある雰囲気を演出したい
●人肌
日本人の肌をきれいに再現したい
外国人の肌をうまく補正したい
顔だけが暗くなるのを直したい
表情だけ自然に明るくしたい
●マスク
正確なマスク処理を使いたい
写真の背景をぼかしたい


■part 2  印刷の「今」を覗いてみる
ハードやOS、DTPのアプリケーションの進化だけに目を奪われがちだが、
DTPの最終パートともいえる「印刷」も確実に進化しています。
CTPの登場、PDF入稿などさらに変化するデジタル入稿のワークフローや
DTPWORLDを印刷している印刷会社の最新ワークフローを紹介!!


*印刷の今を知る4つのトピックス*
・印刷のワークフローの2極化と今後の課題
・色校なしの信頼はカラーマネージメントから
・色校なし時代のための色校の正しい見方
・巷で旬の印刷キーワードは「短納期で生産性UP」
*最先端の印刷工場を訪ねて 〜大丸印刷株式会社
*屋根裏で生まれる小宇宙。卓上活版印刷機を使っての本づくり。




Page Top

Design & graphics anchor.png

太田徹也のデザイン十二夜●「独立してデザイン室をつくる」
田中一光デザイン室から独立するときのお話。
デザインの裏側●「NTT DoCoMo iD & DCMX」
NTTドコモ執行役員から直々に依頼を受けたグッドデザインカンパニーの水野学氏。
ケータイクレジットブランドができるまでを追う。
短期集中連載●「進化を続けるパッケージデザイン
長年パッケージ業界に携わり、その変遷とともに歩んできたパッケージデザイナーの
鹿目尚志氏にパッケージデザインの原点を聞く。
『卵はパッケージだ!』
エディトリアルデザインの疾風怒濤時代1960-1970●「第五回 企業PR誌の隆盛」
文化性豊かな記事で編集された企業PR誌が多く発行された1960〜70年代。
資生堂の『花椿』、竹中工務店の『approach』などのデザインを紹介。
Illustration's Making story●「西武鉄道 かわら版 × 中井理奈子」
毎号集めるコレクターも出現するほど評判の月刊広報誌「かわら版」。
表紙絵を手がける中井理菜子さんに迫る。みんなから親しまれる切り絵が
選ばれるまでと、14年間表紙を飾り続けている理由とは?
藤本やすしのペコリ日記●「16」
ミルキィ・イソベの紙の不思議な話●「危ない写真集246」
カバーに使用された紙「ハンマートーンGA<スノーホワイト>」佇まいに迫る。
JUDGE the design●「DVDパッケージ」
秋葉原発信のドラマプロジェクト『猫耳少女キキ』の市販用DVD
パッケージデザインの提案。
オキラクデザイン刑事●「『リーフレットデザイン』を捜査せよ!」
折り方で印象が変わるリーフレット。用途をしっかりと理解して、魅力的な
リーフレットを仕上げよう!



Page Top

Tips & techniques anchor.png

奇蹟のPhotoshop●「ボーダフォン AQUOSケータイ(905SH)」
圧倒的なレタッチテクニックで、広告クリエイティブの最前線を走り続けるフォートン。
第一線で活躍するデジタルアーティストたちの隠されたテクニックを実例を元に披露する
イラストレーターのい・ろ・は 2●「マイブラシを作る-その2」
水墨画のような風情のある線をアートブラシで作っていく。
Photoshop補正道場●「人肌補正」
人肌の補正は一般的に難しい。なぜならば、グレーバランスを取りながら、
肌色バランスもとらなければならないからだ。今回は比較的簡単にできる
人肌の補正テクを紹介。
Illustrator HATTRICK!●「にょっ記」
Illustratorで制作された魅力的な作品に注目していく本連載。
前回に引き続き名久井直子さんのテクを披露します。日記のイメージを
大切にした書籍を包む外函のデザインです。
InDesign攻略への道●「テキスト処理に関係する環境設定」
環境設定によって作業効率が変わったり、組版結果が異なることもある。
今回はスペルチェックやほかのアプリケーションからのペースト、CIDベースの
文字組など、主にテキストに関連する環境設定について解説。
まいど!プラグインです!●「イラストレーターのインライン入力を避けるフリープラグイン」
「文字入力がインラインだとやりにくい!」そんな問題を解決するために、プラグインで
インライン入力を回避する方法を紹介。
DTP&Webデザインの交差点●「画像フォーマットのハンドリング」
Webで主に利用される画像フォーマット「JPEG」「GIF」「PNG」に
ついて、それぞれの特性を中心に、フォーマットの選び方や保存方法などを
詳しく見ていこう。



Page Top

News & technology anchor.png

PICK UP TOPICS●「カルティエ現代美術財団コレクション展」ほか
DesignNews●「GRAPHIC TRIAL 2006」
誌上実験室●「続・シャープネスの基礎科学の巻」



Page Top

Random Square anchor.png

新製品レビュー●「Colorgenius DC Ver3.0」、「imagePROGRAF iPF500」、「ライカC-LUX1」、ほか
新製品紹介●「α100」「HP Designjet 820mfp」「Fontographer」ほか
今月の一品●松田行正『書物について』
新刊情報/イベント&ニュース/公式ホームページの使い方/読者アンケート結果/読者プレゼント/バックナンバー/広告掲載リスト/FAXシート/次号予告


定価 1,280円(税込)
判型 A4変型
発売日 2006年7月13日






Front page   Diff Backup Copy Rename Reload   New List of pages Search Recent changes   Help   RSS of recent changes (RSS 1.0) RSS of recent changes (RSS 2.0) RSS of recent changes (RSS Atom)
Counter: 2929, today: 1, yesterday: 0
Last-modified: 2009-12-08 (Tue) 14:21:41 (JST) (3947d) by ASKMaker
メニュー
サイト内検索
ログイン
ユーザ名:

パスワード:

IDとパスワードを記憶

パスワード紛失