PukiWiki/1.4/Manual/Plugin/E-G -  [E]

グーグルで「 PukiWiki/​1.4/​Manual/​Plugin/​E-G 」を調べるともっと、知りたい事がみつかります!!
カスタム検索


ブックマークに追加する ブックマークに追加する


ページ内コンテンツ

E anchor.png

Page Top

edit anchor.png

種別

コマンド

インライン型プラグイン

重要度

★★★★★

書式
?cmd=edit
&page=ページ名

&edit(
[ページ名
{[,nolabel]
[,noicon]}]
){
ラベル
};

概要

指定したページを編集します。

引数

コマンド型の記述では、ページ名に編集するページを指定します。ページ名はエンコードされていなければなりません。

インライン型の記述では、ページ名は編集するページを指定します。省略時は設置したページです。

nolabel,noicon,ラベル名 でリンクの表示方法を指定します。

    • nolabel − 編集用リンクの文字列をnoicon 指定時は短縮表記、未指定時は省略します。
    • noicon − 編集用リンクに画像を表示しません。
    • ラベル名 − 編集用リンクの文字列として表示する文字列を指定します。
プラグイン内設定

    • PLUGIN_EDIT_FREEZE_REGEX freezeプラグインを介さず、直接入力されたfreezeを除去する正規表現

Page Top

F anchor.png

Page Top

filelist anchor.png

種別

コマンド

重要度

★☆☆☆☆

書式
?cmd=filelist
概要

ページの一覧を各ページが記録されているファイル名と共に表示します。

備考

主として管理者がメンテナンス用途に使用します。

Page Top

freeze anchor.png

種別

コマンド

(ブロック型プラグイン)

重要度

★★★☆☆

書式
?cmd=freeze
&page=ページ名

#freeze

概要

対象のページを凍結し、不用意に変更できないようにします。

引数

ページ名には凍結するページを指定します。ページ名はエンコードされている必要があります。コマンド型でfreezeプラグインを実行するとブロック型プラグインが凍結対象のページ先頭に挿入(凍結解除の場合は削除)されます。

ブロック型のfreezeプラグインはPukiWikiが内部的に利用するもので、基本的に利用者が意識する機会はありません。






トップ   差分 バックアップ 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS 1.0 最終更新のRSS 2.0 最終更新のRSS Atom
Counter: 1818, today: 1, yesterday: 0
最終更新: 2009-12-08 (火) 14:21:50 (JST) (2813d) by


メニュー
サイト内検索
ログイン
ユーザ名:

パスワード:

IDとパスワードを記憶

パスワード紛失