CGWORLD 2002年10月号 Vol.50 -  [CGWORLD 2002年10月号 Vol.50 (シージーワールド ナンバー50]

CGWORLD 2002年10月号 Vol.50
カスタム検索



CGWORLD 2002年10月号 Vol.50 (シージーワールド ナンバー50 anchor.png



【 詳しい情報・購入は ONLINE BOOK STORE 】
CGWORLD 2002年10月号 Vol.50 
商品に関する最新情報・在庫確認・ご購入は上記にて行えます。




Page Top

通巻50号記念特集! anchor.png

 「Houdini Apprectice Editon CD-ROM&チュートリアルマニュアル」


CGWORLDの通巻50号を記念して、先日発表されたばかりのHoudiniの無料版をCD-ROMでお届けします!
この中には、日本語マニュアル、サンプルファイル、Houdini作品デモリール集など盛りだくさんの内容が詰まってます。
またHoudini使いのクリエイターによる、28ページものチュートリアルマニュアルを別冊付録に!!
パースマップのやり方から、パーティクルの操作、アニメーション編集、最新機能VOPsの解説、ボリュームレンダリング法までを各6ページに渡って詳細に解説。
もちろん、記事連動のサンプルデータはCD-ROMに収録してます。
また、オムニバス・ジャパンがHoudiniを使って制作したCM「タカラ CANチューハイ生果汁」「トヨタ クルーガー〜スーラ編〜」のメイキング取材記事も。
ここまでして、なんと価格据置き1,280円です!



Page Top

第1特集 anchor.png

Xbox、PS2からアーケード、ライドまで
ゲームの映像ワールドはこうして生まれた!!


ゲームのムービーや、リアルタイムの映像。そこにはゲームのコンセプトと密接に絡んだ「なにか」があるに違いない! 映像の流れ、キャラクターデザイン、ゲームコンセプトなど、映像に至るまでのプリプロセスに迫ります。もちろんCGWORLDならではのメイキングもバッチリ。
5ページに渡る「鉄騎」のメイキングにはじまり、「ポポロクロイス」「真魂斗羅」「DEAD OR ALIVE EXTREME BEACH VOLLEYBALL」「ソウルキャリバー2」「ワンピース」などの最新作を徹底取材。
独特の質感を持つ「ダーククロニクル」「ジョジョの奇妙な冒険」のシェーディングの秘密を直撃。
またゲームにおけるムービーの歴史、そしてドラマティックムービーの原点ともいえるパソコンゲーム「エメラルドドラゴン」開発者、加藤久人&飯淳にインタビュー!! 演出を加え、ただのデモではなく「ムービー」を築き上げた背景を探ります。



Page Top

第2特集 CGクオリティをぐ〜んとUP! anchor.png

テクスチャ描けますか?


テクスチャって、どうやって描いたらいいの? そんな素朴な疑問に応えるこの特集。
Photoshopを使ってどのようにテクスチャを描けばいいのか、バンプ、スペキュラマップなどの素材の効果的な作り方とは? といったところを人物編「若い女性」「老いた男」、メカ編「戦車の汚し」「車のサビ」、自然編「山・岩・大地」「花」とわけてそれぞれ実例を挙げながら紹介していきます。
このほか、衣服のテクスチャテクニックや、実際の女性のメイクアップ、プラモデルの塗りなどを参考にするコーナーも。
CGソフトに依存しない、純粋テクスチャテクニック集。CGWORLDならではの、ハイクオリティ・CGデザイナーたちがその技を披露します。




Page Top

巻頭記事 anchor.png

●SIGGRAPH誌上クイックツアー
先日、サンアントニオで開催されたSIGGRAPHの誌上ツアー。
機器展の様子からソフト&ハードの最新動向、Computer Animation Festival&Electronic Theater、そしてWavy Awardまでを本誌編集長と、DOS/V系で活躍するライター・西川善二の2人がレポート!
気になる業界動向いっぱいの巻頭記事です。



Page Top

巻頭記事2 anchor.png

●Maya 4.5 Fluid Effects
Mayaの最新版、4.5から搭載される流体シミュレーション「Fluid Effects」のレビュー。
流体とはなんなのか? どのように作るのか? なにが作れるのかをテクニカル系クリエイター大谷謙がばっちり解説します。



Page Top

レギュラー anchor.png

●Future's Memories
イガラシ氏の最新作は「水上スキー」。なんと、水中翼船タイプ!
今回は、スケッチからどのように制作するか、コンセプトと共に解説。


●Pickup Topics
CGWORLDとして注目したい、製品からイベント、業界動向などを紹介していく新コーナー。
今月の注目は、
・攻殻機動隊、テレビアニメ化!
・Cannon XV2インプレッション
・onedotzero開催告知
など、気になるTopics満載。


●RoadShow
編集部オススメの映画を紹介。
今回は「千年女優」「スクービー・ドゥー」「バイオハザード」を大きく取り上げます。


●必殺テクスチャイリュージョン
今回は特別編として、第2特集の中に組み込まれています。金魚テクスチャの制作を行なっています。


●絵コンテ描こうぜ!
プロに聞く、絵コンテ制作の秘訣。
今回はミュージックビデオの世界から。P.I.C.Sの井上靖雄氏に聞く、LOVE PSYCHEDELICOのPV「裸の王様」を取り上げます。
コンテどおりに行かない、独特のPVの世界を感じてください。


●速攻! Mayaアニメーション
いきなりアニメーションからMayaを学んでしまおうという連載。
基本となるモデルや構造はWebでご提供。もちろん、正規版・PLE版、両方用意してあります。
「Paint Effectsとパーティクル」
今回で一応の最終階。Paint Effectsとパーティクルの両者を利用して、草の生え方や物体の浮遊・分裂などを説明。
崩れた骸骨が朽ち果て、草木が生い茂り、魂が宇宙に還る、といった内容です。


●30分でいきなりマスター。3D速習講座
毎月ソフトウェアを変えて、クリエイターに最新テクニックを伝授してもらいます。
今回は「3ds max 5 前編」。
max5からの最新機能を使ってキャラクターモデリング&マテリアル設定の制作ノウハウを紹介。


●CGメイキングピンポイントセミナー
LightWave3D/3ds max/Mayaを使って、同じお題のもとに、Tipsを紹介します。
今月は「スイカ割り」。どのようにして割れる感じを出すのか?


●至妙! モデリングコンプリート
モデリングはどうやって行なっていくのか?
3面図を元にMetasequoiaを使って、モデル構築の実際を詳細に追った連載。
今回は「ガレージキット風オリジナルキャラクター制作」ということで、オリジナル作品の制作法です。


●海外で働く2
海外で働く日本人クエイリターを追う人気連載。インタビューだけの構成ではなく、海外に就職する際の有用情報も併記。もっと海外が身近になるはず!
「PDI/Dreamworks:星まり子」
元インテリアデザイナーがCGに目覚めたきっかけ。PDIにどうやって入社したのか?
など、彼女なりのやり方を聞いています。


●Paradigm Shifter
モノヅクリの根底には必ずある「コンセプト」。そこに迫る連載。
「マイク・ファロー」
エミー賞を獲得した、フルCGアニメ「ポリー・ロリー・オリー」監督に、アニメーション制作とは?
といった部分をインタビュー!


●キャラに命を吹き込もう!
アニメーションとはなんなのか? CGが一番欠けていると思われる、キャラクターの動かし方、演技の付け方、見せ方などを図解を通して解説。
「日常の動き『階段上り』から学ぶ、動きと見え方」
意外と難しい日常の動作。基本がびっしり詰まっているともいえる、階段上りから、動かし方と見え方を解説します。


●プロデューサー見聞録
プロデューサーって一体なんなのか? そんな疑問に応える新連載。
第2回は「映画づくりに参加できたらそれも楽しいかなぁ」という想いがきっかけだったという、スタジオジブリの鈴木敏夫氏。映画「風の谷のナウシカ」がどのような経緯で出来たのか、今ジブリではなにをやっているのか、といった興味ぶかい話をいただきました。


●DVDを知れ!
乱立するフォーマットと次々発売されるドライブ。どれがどのような利点/欠点を持つのか、その使い勝手は?
ハードウェアからDVDを知る連載。
「MyDVDで簡単DVD作成」
MyDVDを例に挙げ、実際にどのようにDVDを制作していくのか、といった工程を追います。


●注目製品一刀両断
新製品レビュー&ロードテストを行なう新コーナー。
気になるハード・ソフトの使い心地や性能をレビューを通して紹介します。
「EVIL Xabre400」「CREATIVE BLASTER5 RX9000 Pro」「Parhelia」「GMA-4020B」「DVStorm Station DVD」「Shade 6 professional」「the foundry tinderbox3 for AfterEffects」「plasma」「eXLAB」


●とれたて! プロダクション情報
特集なんかでは紹介されるけど、普段のCGプロダクションや、TV局のCGルームはどんな仕事をしているの?
そんな疑問に応えるべく、業界動向の最先端がわかるページを新設。
今現在手がけている仕事、オンエアされているCMや番組のどのパートを担当したかなど、毎月紹介していきます。
今月は日本テレビ、TBS、フジテレビ、テレビ朝日の民放4局のCGルーム、アニメーションスタッフルーム、イマージュ、ウィルコリンクスデジワークス、白組、デジタフルロンティア、DML、ナブラ、プロダクションI.G、ルーデンス。


●投稿王
読者参加型のCG投稿を復活!


●news!
news!では、余計な情報は排除し、「特徴点」を主眼として取り上げます。
どの雑誌でも行なったことのない、新しいnewsのカタチです。



Page Top

イレギュラー anchor.png

●戦闘妖精雪風
日本SF史上に名を残す同名小説をゴンゾがついに映像化!
映像化にこぎつけた経緯、CGにするための試行錯誤などを取材します。


●ポール・アンダーソン
映画「バイオハザード」の監督に直撃。とにかくゲームのバイオハザードが好きという彼が、映画化にあたって苦悩した点、こだわったデザインワークの原点とは?


●Primal Scream「Miss Lucifer」
Primal Screamの新曲「Miss Lucifer」のPVに使われたふんだんなCGと、そのコンセプトを結城崇文が取材。


●欧州のパワークリエイターたち
SPARX、Folimageといったプロダクションの最新事情、そして今非常に力のある学生たちの作品を紹介。



定価 1,280円(税込)
判型 A4変型
発売日 2002年08月29日
付録 CD-ROM・小冊子
<販売終了>





Front page   Diff Backup Copy Rename Reload   New List of pages Search Recent changes   Help   RSS of recent changes (RSS 1.0) RSS of recent changes (RSS 2.0) RSS of recent changes (RSS Atom)
Counter: 2246, today: 1, yesterday: 3
Last-modified: 2009-12-08 (Tue) 14:20:47 (JST) (4013d) by ASKMaker
メニュー
サイト内検索
ログイン
ユーザ名:

パスワード:

IDとパスワードを記憶

パスワード紛失