CGWORLD 2002年12月号 Vol.52 -  [CGWORLD 2002年12月号 Vol.52 (シージーワールド ナンバー52]

CGWORLD 2002年12月号 Vol.52
カスタム検索



CGWORLD 2002年12月号 Vol.52 (シージーワールド ナンバー52 anchor.png



【 詳しい情報・購入は ONLINE BOOK STORE 】
CGWORLD 2002年12月号 Vol.52 
商品に関する最新情報・在庫確認・ご購入は上記にて行えます。




Page Top

第1特集 光と影を自由自在に操る anchor.png

ライティング完全理解


CGでの重要なマター、ライティングをCGWORLDならではの分かりやすい切り口で解説していきます。
ソフトごとに違うライトの名前、そして数々あるライトは一体どのような効果を持つものなのか、といったイマサラ聞けない基本部分から、ライトの配置技、実写の世界でのライト、演出としてのライトなどを切り込みます。
モデリング、カメラワークで支持の高かった図を使ってライトを説明していきます。
標準搭載されている各ライトがどのような効果をあらわすものなのか、これを見れば一目でわかります。
もちろん、主要各ソフトでの実例も満載! どこよりも分かりやすい、ライティング講座の誕生です。



Page Top

第2特集 Let's enjoy stop-motion anchor.png

立体アニメのつくりかた


人形や粘土などを動かしてアニメーションを展開する立体アニメ。
一見、CGとは対極な存在に位置するように見えるが、その動かし方や演出法などは、意外とCGに近かったり応用できたりするのではないだろうか?
実際にどのように作られているのかをはじめ、川本喜八郎をはじめとるす日本のアニメーターにインタビュー。
またレイ・ハリーハウゼンの世界から、ウォレスとグルミットといった世界の作品まで、パペット、パペトゥーン、クレイの3種について探っていきます。




Page Top

巻頭記事 anchor.png

●ARS ELECTRONICA
世界の名だたるデジタル関連フェスティバルの1つで、メディアアートを主体とする「ARS ELECTRONICA(アルスエレクトロニカ)」。毎年オーストリアはリンツで開催され、街全体がイベント会場と化してしまう勢い。そこに存在するさまざまなアイディアや作品をレポート!


●onedotzero
イギリス発のデジタル映像イベントが東京上陸! 主催者からのコメントほか、onedotzeroの魅力を紹介します。



Page Top

イレギュラー anchor.png

●finalRender Stage1
3ds max用Global Illuminationレンダラ、finalRender Stage1の最新機能をいち早く紹介! 新たに搭載されたモードをはじめ、従来のものとのレンダリング品質をチェック!
新機能でどれだけ表現力がアップするか、これを読めば分かる!!


●北京潜入記
今、中国のCG業界が強力に活性化されている。その背景はなんなのか? 急成長する舞台裏に迫ります。



Page Top

レギュラー anchor.png

●Future's Memories
イガラシ氏のWebでもおなじみ「スノーモービル」が、バージョンアップして登場。
独特のフォルムをご堪能あれ!


●Pickup Topics
CGWORLDとして注目したい、製品からイベント、業界動向などを紹介していく新コーナー。
今月の注目は、
・学研大人の科学シリーズ最新作、『大江戸からくり人形』
・世界のCMフェスティバル
・セガの業務用汎用CGボード「Chihiro」技術インタビュー
・東芝トリロバイトに迫る
気になるTopics満載。


●RoadShow
編集部オススメの映画を紹介。


●アミューズメント映像探検隊
ゲーム映像は果たしてどのように作られているのか?
企画意図から実際の制作苦労話まで、スタッフにインタビュー。
「エニックス:ギガンティック ドライブ」
3ds maxとMayaの2ソフトを操って制作された本作のCG。
異なるソフト間でのデータのやりとりや制作ノウハウなどを紹介!


●TV&CM REPORT!
テレビドラマの現場から。日本テレビ『サイコドクター』におけるVFXシーンを紹介。
ドラマにおけるCG制作法とは? チャレンジされた点とは? といった部分に迫ります。


●必殺テクスチャイリュージョン
3ds maxとPhotoshopを使って、テクスチャを使うことでいかにCGが優れたものになるのかを解説。
「二対、孵化の刹那」
生体と機械、二対のハエの孵化の瞬間。同じモデルをテクスチャだけで変えていく、海兵流の技が光ります。


●人体
CGキャラクターを作るなら、やはり構造を理解しないとダメでしょ?
体の構造を骨・筋肉レベルで見つつ、特定動作のときにはどんな動きをするのかといった細かい解説を挙げていきます。
「振り返る 〜目の動きと意識〜」
振り返るという単純な動作の中に含まれる要素を体の動きだけではなく、目線なども含めて追っていきます。


●CGメイキングピンポイントセミナー
LightWave3D/3ds max/Mayaを使って、同じお題のもとに、Tipsを紹介!
今号から各ソフト2ページのボリューム増でお届け!
テーマは「大気圏突入」。突入のインパクトや大気との摩擦で発生する熱・炎の表現など。


●至妙モデリングコンプリート
モデリングはどうやって行なっていくのか?
3面図を元にMetasequoiaを使って、モデル構築の実際を詳細に追った連載。
今回は「UVマッピングを駆使してリアルな恐竜を生み出す」。
機械ばかりがモデリングじゃない! ということで、ステゴサウルスの3面図から、どのように生体を作り出すのかを解説していきます。


●CG用語
誰も教えてくれない、CGのテクニカルターム。
毎月特定の用語を取り上げ、それは一体どういう意味なのか、どういう技術的バックボーンがあるのか、そして最新のものはどうなっているのか? を紹介します。
「グラフィックスハードウェア」
SIGGRAPH2002で海外プロダクションベースで話題になった、リアルタイムレンダリングについて。
ジオメトリエンジン&リアルタイムシェーダをどのように使えば、ソフトウェアのレンダリングに近づくのか、といった部分に触れています。


●海外で働く2
海外で働く日本人クエイリターを追う人気連載。インタビューだけの構成ではなく、海外に就職する際の有用情報も併記。もっと海外が身近になるはず!
「IMAGICA USA:屋宜恵」
映画には欠かすことの出来ない、フィルムのフォーマットコンバートをはじめとしたオプチカルプリント
その現場に入ることになったきっかけや現在の仕事を聞いています。


●Paradigm Shifter
モノヅクリの根底には必ずある「コンセプト」。そこに迫る連載。
「クリス・アレン」
既存のVJなんか嫌いだ、と新たな表現の形を模索するクリス。彼の根底にある「ヒップホップ」と、どのような世界を目指していくのかを聞いていきます。


●キャラに命を吹き込もう!
アニメーションとはなんなのか? CGが一番欠けていると思われる、キャラクターの動かし方、演技の付け方、見せ方などを図解を通して解説。
「わずかな違いが、大きな差。動きを左右する、足首」
階段シリーズ最終章。今回は全体の動きではなく、足首以下の動きについて解説していきます。
たかが足先と思うなかれ。これ1つ違うだけで、ぜんぜん違った印象になる。そのちょっとした(部分だけどなかなか気づかない)ポイントとテクニックを紹介。


●プロデューサー見聞録
プロデューサーって一体なんなのか? そんな疑問に応える新連載。
第4回はヒットメーカーである、秋元康。
「自分の中にいるクリエイターの秋元康に、プロデューサーである秋元康が発注している感じ」
と語る氏のプロデューサー論とは?


●DVDを知れ!
乱立するフォーマットと次々発売されるドライブ。
どれがどのような利点/欠点を持つのか、その使い勝手は? ハードウェア&ソフトウェアからDVDを知る連載。
「基本的オーサリングの実践・後篇」
DVDit!PEを使って、実際にDVDを制作するまでを解説。後篇は、実際にメニューやタイトル制作の部分に触れていきます。


●注目製品一刀両断
新製品レビュー&ロードテストを行なう新コーナー。
気になるハード・ソフトの使い心地や性能をレビューを通して紹介します。
「WildcatVP870」「DVStorm 2」「FX Break」「Deep Paint 3D 2.0」「Evo Workstation W4000 SF+Avid Xpress DV v3.5」「Shake+Power Mac G4」


●とれたて! プロダクション情報
特集なんかでは紹介されるけど、普段のCGプロダクションや、TV局のCGルームはどんな仕事をしているの?
そんな疑問に応えるべく、業界動向の最先端がわかるページを新設。
今現在手がけている仕事、オンエアされているCMや番組のどのパートを担当したかなど、毎月紹介していきます。
今月は日本テレビ、フジテレビ、テレビ朝日の民放3局のCGルーム、アニメーションスタッフルーム、イマージュ、ウィルコリンクスデジワークス、白組、デジタフルロンティア、DML、ナブラ、ルーデンス。


●投稿王&読者の声
読者参加型のCG投稿と、毎月寄せられる貴重なご意見を紹介。


●news!
news!では、余計な情報は排除し、「特徴点」を主眼として取り上げます。
どの雑誌でも行なったことのない、新しいnewsのカタチです。


●DIGITAL CREATOR'S CONTEST
デジコン情報コーナー。あなたの作品を応募する場がきっとある!




定価 1,280円(税込)
判型 A4変型
発売日 2002年10月29日
<販売終了>





Front page   Diff Backup Copy Rename Reload   New List of pages Search Recent changes   Help   RSS of recent changes (RSS 1.0) RSS of recent changes (RSS 2.0) RSS of recent changes (RSS Atom)
Counter: 1978, today: 1, yesterday: 0
Last-modified: 2009-12-08 (Tue) 14:20:47 (JST) (3938d) by ASKMaker
メニュー
サイト内検索
ログイン
ユーザ名:

パスワード:

IDとパスワードを記憶

パスワード紛失