CGWORLD 2003年12月号 Vol.64 -  [CGWORLD 2003年12月号 Vol.64 (シージーワールド ナンバー64]

CGWORLD 2003年12月号 Vol.64
カスタム検索



Page Top

第1特集 ただの半透明ではない、光と構造が紡ぎ出す質感 anchor.png

トランスルーセントを手中に収めろ!


半透明といっても、透明度を変化させるマテリアルアトリビュート「トランスペアレンシ」とは
全くの別のものである。
トランスペアレンシは、光が直線的に物体内部を駆け抜ける現象だ。
今回取り上げるトランスルーセントは、光が物体の中で1回もしくは複数回反射し、別の場所から物体を抜け出る現象である。人の肌や、魚の切り身など、身の回りには、一見不透明でも、強い光を受けると透けて見えるものがある。従来 CG ではスポイルされてきたこの要素を、ほんのわずかでも加えることで作品は格段にリアルさを持つのだ。

   
・GIレンダラのパワーで表現する「モンスターの皮膚感」/ 3ds max 5.1 + finalRender Stage 1
・シェーダのみで突き詰める「女性の肌の美しさ」/ Maya 4.5
・ドラゴンと野イチゴを生き生きと見せる「透過光表現」/ 3ds max 5.1
・光をコントロールして表現する「情景の爽快感」/ LightWave 3D 7.5
・シェーダの組み合わせで表現する「リアリティと新鮮さ」/ Maya 5.0
・透明感のある皮膚を持つ「昆虫メカの触感」/ 3ds max 5.1 + finalRender Stage 1
・SSS があるからこそ表現可能な「寿司ネタの鮮度」/ LightWave 3D 7.5 + G2
・透明感が醸し出す「チーズの美味さ」/3ds max 5.1 + Brazil r/s



Page Top

第2特集 PhotoshopIllustrator をマスター anchor.png

テクスチャ描きの強力 Tips


CG 制作に欠かせない要素である「テクスチャ」。
本特集では、ペイント/ドローソフトを使ってのテクスチャ作りのヒントを、4つのカテゴリにわけ、豊富な作例を通して紹介していく。




◆FOOD
・半熟卵がとろけ出るプレーンオムレツ & お皿 / LightWave 3D 7.0、Illustrator 10、Photoshop 7.0
・焦げ目のあるポルチーニ茸とベーコンのスパゲッティ / Maya 5.0、Photoshop 6.0
・青々としたアスパラとカリカリベーコンの串焼き / Maya 4.5、Photoshop 6.0
・ふわふわの生地が決め手! 抹茶のロールケーキ / Maya 4.5、Photoshop 6.0


◆CLOTHES
・素材の良い革のハーフコート / LightWave 3D 7.5、Photoshop 7.0
・着心地の良いタンクトップ & 色と形にこだわったジーンズ / 3ds max 5.1、Photoshop 6.0
・柔らかなスウェード素材のジャケット & 手触りが気持ちいいフリースのセーター / Maya 5.0、Photoshop 6.0
・着心地のよいニットのセーター & 裾がキュートな黒のミニスカート / LightWave 3D 7.5、Illustrator 10、Photoshop 7.0


◆GOODS
・ファッションを際立たせる個性あるデザインのサングラス / LightWave 3D 7.5、Photoshop 7.0
・ファーがキュートなレザーのバッグ & 大人っぽいスウェードのブーツ / LightWave 3D 7.5、Illustrator 10、Photoshop 7.0
・レトロなブリキのボールペン & それに似合う便箋 / LightWave 3D 7.0、Illustrator 10、Photoshop 7
・金属光沢のある腕時計 / Shade 6、Illustarator 8.0、Photoshop 6.0


◆ROOM
・明るいの木目と、涼し気なメダルメッシュがある眺めのいい部屋 / Shade 6 Professional、Illustrator 10、Photoshop 7.0
・大理石や木目のあるプライベートルーム / Shade 6 Professional、Photoshop 6.0
・木の色合いが美しいテーブルと、毛織りのラグがあるリビング / LightWave 3D 7.5、Illustrator 8.0、Photoshop 6.0
・年月を重ねた木の風合いと、手触りのより畳がある「和」の部屋 / Maya 4.5、Illustrator 8.0、Photoshop 7.0




Page Top

イレギュラー anchor.png

●3ds max 6 速攻レビュー
3ds max ユーザー待望の新バージョン6が登場! 新しく搭載されたものや、拡張された機能を速攻レビュー。
新しいスケマティックビューや、活用度抜群のモディファイヤ、進化したモデリング機能、品質・使い勝手の面で向上したレンダリングなどをお伝えする。


●Maya 5 Personal Learning Editionで作ろう!
タダでハイエンドソフトを体験可能な Maya 5 PLE。実際どこまでできるのだろうか?
そこで今回は、そんな疑問を解決すべく、キャラクターのモデリングから、セットアップ、アニメーション、レンダリングの全行程を総チェックした。
新機能を使った制作方法や、Paint Effects を使った毛の表現、樹木の作成は見逃せないぞ。



Page Top

レギュラー anchor.png

●[新連載]Inside Appleseed
来春公開予定の映画『アップルシード』がフル CG で制作されている。フル CG で描く理由とは?
「CG キャラでも違和感なく感情移入できるかどうか……」「セル画の雰囲気を持ちつつ立体感もある」
そんなトゥーンとリアルとの間をうまく表現する本作、それらを指揮する曽利プロデューサーに話を伺った。


●TV & CM REPORT!
テレビ朝日「ニュースステーション」OPムービー
ご存じニュース番組のオープニングが、これまでのデジタルの流れから一変し、ほとんどのカットが実写で撮られた。
ニュース番組という性質上、最も重要となる「素材の生きた感じ」をどう演出したか。その撮影計画は?
実写映像にさりげなく溶け込んだ CG、それにコンポジットされるニュース映像や、毎日入れ替わる日付け。
その制作工程とテクニックを紹介。


●絵コンテ描こうぜ!
真田敦氏「カローラフィールダー」TVCM
サッカー選手、小野伸二のリアルな日常をテーマに描いた本CMの企画・演出に迫る。
非常に細かくカット割りされた真の理由とは?
海外スタッフが大半を占める現場にうまれる様々な課題とは何か。


●アミューズメント映像探検隊
機動戦士ガンダム「めぐりあい宇宙」OPムービー
前作から格段にグレードアップした CG 技術は、ファンならずとも必見の本作について聞いてみた。
アニメのイメージを損なわないままに、爆発などの演出にはハリウッド的な要素を盛り込むなど、難しい課題に挑戦。
イメージ優先のため、アニメキャラは2Dで表現されることが多い中、「3Dアムロ」はどのように誕生したのか?
ムービーに登場するオブジェクトの詳細や、見どころとなるシーンの演出もたっぷりお届けする。


●ベーシック・デッサン
動くかたちを捉える
今回は動物をデッサンする。動物といっても、これまでのように静物をモチーフに描くのではなく、生身の動物に挑戦する。
写真ではつかめない、生きているモデルだからこそ見つかる「リアル」や「迫力」。
動物の形態や動きを楽しみながら、骨、筋肉の状態まで、素早く捉えよう!


●パラダイムシフター
ソーアンドソー
フランス国内の賞を総なめにした、デュオの新人ディレクター「SoandSau」。
2人の嗜好性はまったく違うが、共通のキーワードは「楽しむ」ことだという。
ミュージックビデオとCM。それぞれの仕事に対する、彼らの持つディレクションの意味とは。
独特のデザインコンセプトを持つ、2人の映像世界を紹介する。


●海外で働く2
映画「ロード・オブ・ザ・リング 王の帰還」でコンポジターとして活躍中の慎とも子(WETA DIGITAL)さんをご紹介。
高校卒業し、ポーランド州立大学に留学、ファインアートを学ぶ。その後 NY の美大で CG を専攻。
幾つかの就職を経て WETA に参加するまでの活躍を紹介。彼女がこだわる、コンポジターの魅力や楽しみを伺った。


●CG用語 What's that?
シーン内の光を正確に捉えた画像「HDRI:ハイダイナミックレンジイメージ(後編)」
光を全てサンプリング、イメージ化する技術「HDRI」を先月に引き続き解説する。
今回は、撮影されたビデオ映像から、HDR のビデオ映像を復元する手法を紹介。
また、これを応用することで、従来は実現が不可能に近かった「光の変化が大きいシーン」を HDR 化する技術についても触れる。


●必殺テクスチャイリュージョン
「インジェクションの中の妖」
今回は、モデルとマテリアルをメインに、「胎芽の入った注射器」を表現してみる。
ほとんどが透明なオブジェクトで構成。テクスチャはシリンダー内の汚れなど、味付け的な要素として使ってみた。


●モデリングコンプリート
「硬い装甲に包まれた二足歩行戦車」
二足歩行ロボに変形する戦車という設定のものをモデリング。
戦車を構成する、砲塔、クレーン、キャタピラ、といった硬いディテールをサブディビジョンサーフェスを使わず、硬いものを苦手とする六角大王を使い、じっくりとポリゴンのみで制作する。


●The Finish Works
「アニメ作品における空間のなじませ」
素材の合成を、よりシーンになじませるには、どのような処理がベストか?
今回は、アニメ『攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX』の1シーン、「雨の降る夜の高速道路を走る車」を例に解説。
雨の水しぶきや、車のヘッドライトといった素材を、AffterEffects で作り込んでいくテクニックを紹介。


●CGメイキングレベルアップ講座
CG制作における基本的テクニックをベースに、レベルアップするために必要なテクニックをソフト別に解説
今回のテーマは「デザインチェア&ソファ」。
曲線だらけの「裸の王様の椅子」、ブルドックが寝そべる「貝殻型のソファ」など様々なシーンの「椅子」を、名クリエイターが作例を通して紹介する。


●キャラに命を吹き込もう!
オープニングアニメから学ぶ、発想力と応用力
絵コンテの描き方やアニメの動きは、どこから学ぶのか。
授業で教わる基礎だけでは思った通りの映像は作れない。発想力や応用力を身に付けるための方法とは?
ここではよく使われるオープニングアニメのカット例を掲載。これらの素材をあなたならどうつなぐ?


●密着レポート 鬼武者3
徐々にベールを脱ぎ始め、期待高まる『鬼武者3』の敏腕プロデューサーに大接近!
ところで、ゲームプロデューサーのお仕事ってどんなもの?
阪神リーグ優勝に盛り上がる、大阪珍道中第2弾! 東京ゲームショーの裏話もお伝えします!



Page Top

Editor's Eye anchor.png

●『少女MISAKI』
監督曰く「世界初の3分間連続ドラマ」。一見普通の民家に見える「編集室」へ取材に伺った。
放送クォリティを低コストで仕上げる。演出の意図にあったエフェクト。
そんなプロの要求に応える「Premiere Pro」を選択した理由と利点について伺った。
立ち読み
画像をクリックすると拡大表示いたします。





定価 1,280円(税込)
判型 A4変型
発売日 2003年10月29日
<販売終了>





Front page   Diff Backup Copy Rename Reload   New List of pages Search Recent changes   Help   RSS of recent changes (RSS 1.0) RSS of recent changes (RSS 2.0) RSS of recent changes (RSS Atom)
Counter: 2536, today: 1, yesterday: 0
Last-modified: 2009-12-08 (Tue) 14:20:53 (JST) (3947d) by ASKMaker
メニュー
サイト内検索
ログイン
ユーザ名:

パスワード:

IDとパスワードを記憶

パスワード紛失