CGWORLD 2004年6月号 Vol.70 -  [CGWORLD 2004年6月号 Vol.70 (シージーワールド ナンバー70]

CGWORLD 2004年6月号 Vol.70
カスタム検索



CGWORLD 2004年6月号 Vol.70 (シージーワールド ナンバー70 anchor.png



【 詳しい情報・購入は ONLINE BOOK STORE 】
CGWORLD 2004年6月号 Vol.70 
商品に関する最新情報・在庫確認・ご購入は上記にて行えます。




Page Top

第1特集 画を魅せる魔術師になれ! anchor.png

ファイナルを想定した素材作りと合成テク


映像作品を仕上げる上で、何かしらの合成が行なわれている今日。
実写と実写を重ねたり、CGを合成したり、エフェクトを加えたりなどなど、その手法はさまざまだ。
しかし、明確な意図を持って素材を制作しないと、その後の合成も思った通りにいかないのである。
最終的な画の見せ方を想定し、素材作りに臨むことの重要さを知ろう!



Page Top

コンテンツ anchor.png

・ロブ・ミンコフ監督とエンキ・ビラル監督が語る作品作りと、CG・合成の関係
・映画『超怖い話しA〜闇の鴉〜』 CGと合成で監督のイメージを作り出す
・TVCM『台湾TOYOTA VIOS』 撮影素材を活かして異空間を演出する
・合成、昔ってどうしてたの?
・淡く儚いイメージをCGとエフェクトで表現する 淡く儚い人魚姫
・素材を効率よく合成していく方法論 短編映画『バイアブル』
・近未来レンガ建築を目指した素材作り TVCM『SONY Cyber-shot T1』
・細部までこだわったCG素材 TVCM『MTV THE SUPERDRY LIVE』
・実写とCG素材で大都会の雰囲気を出す TVCM『花王 ヘルシア トルネード篇』
・温かみや親しみを表現するためのCG TVCM『丸井 In The Room』
・コンポジットツールを知ろう!



Page Top

第2特集 足りなかったら、足せばいい anchor.png

日本語でわかる海外プラグイン


プラグインをうまく使えばCG制作がより快適に、効率的になるのは周知の事実。
世界中でプラグインは制作されているが、日本人にとって外国語のマニュアルやメニュー画面は結構敷居が高いもの。
そこで今回は4大CGソフト(max、LW、Maya、XSI)の海外製プラグインにターゲットを絞り、17ページにわたってCGソフトごとにフリー、コマーシャルを問わずに紹介。各プラグインそれぞれに追加する機能、メニュー画面や設定項目の説明、具体的な使い方や応用範囲まで、特集全体を簡潔でやさしい日本語解説をテーマにまとめている。
この特集を読めば初心者はもちろん、外国語という理由で敬遠していた中級以上のユーザーにとっても、海外プラグインがぐっと身近になることだろう。




Page Top

イレギュラー anchor.png

●速報! Maya6
1年振りのメジャーバージョンアップとなるMaya 6がNABで発表された。アニメーション機能ではTRAXが改良され、Photoshopファイルの取扱いについては、レイヤー別の読み込み、UV情報の PSD書き出し機能が追加。ほかにもメンタルレイの一体化、Hairの新システムなど多くの改良点がある。英語版が5月上旬、日本語版は6月上旬にリリース予定。


●美術館へ行こう!
CGWORLD的な視点から、作品づくりに役立つ美術館と博物館の楽しみ方を紹介する。
「スター・ウォーズ サイエンス アンドアート」展では、実際の撮影に使用された模型などが間近で鑑賞できる。サビの具合などの質感表現はCG制作の際に役立てることができるだろう。「造形作品でみる岡本忠成アニメーションの世界」展では、さまざまな素材でできた人形とその映像作品をいっしょに鑑賞できるので、アニメーション付けの参考になるはずだ。



Page Top

レギュラー anchor.png

●ベーシック・デッサン
モチーフを客観的にデッサンする方法論から離れ、デザイン実制作に沿ってイメージしたもののデッサン手法を伝える。
まずは与えられたテーマのイメージを拡げるためにコンセプトを明確にし、アイデアを展開していく。
そしてラフスケッチをしながらアイデアを絞り込み、M点法を用いて立体感を出して質感を付け加えていこう。


●絵コンテ描こうぜ!
「彩-SAI-」ミュージックビデオ
ACIDMANの曲が持つ世界観を、色彩豊かに力強い木版タッチのCGで仕上げたミュージックビデオ。
鉛筆で描かれた絵コンテにPhotoshopで色着けしてある、見た目にも鮮やかなコンテが特徴的だ。
一見すると感覚的に制作されたように見える本作。その演出意図を紐解く。


●パラダイムシフター
今年のIMAGINAアワードのグランプリを受賞した『ANNIE & BOO』は、ヨハネス・ウェイランド氏のドイツフィルムアカデミーの卒業制作作品だ。アニメーションを制作したいがために初めてのツールとしてCGを選んだ彼が、CGに対する思いと本作品の斬新なコンセプトを語る。


●アミューズメント映像探検隊
PS2「九怨」(フロム・ソフトウェア)
平安時代を舞台に、陰陽師が魑魅魍魎を倒していくアクションホラーゲーム。智内兄助氏による、独特のおどろおどろしい雰囲気を持つメインビジュアルが見どころだ。とことんまで追求された怖さの演出と洗練されたゲームシステムの融合を、メイキング画面を通じて体感しよう。


●[最終回]GONZO が挑戦する、CG+アニメの新しい形
「映像作品としてのテンポの創出〜編集〜」
映像作品における最終段階の作業工程に、「編集」がある。素材を整理するような通常の編集作業とは異なり、アニメーションには独特の編集作業が存在する。そのワークフローやシビアな作業の全体像を、GONZOの作品中の絵コンテ、アフレコ台本、編集中の画面などから追っていく。


●海外で働く2
『ラスト・サムライ』でProduction Supervisorを務めた蔭山京子さんをご紹介。 ホームステイをきっかけとした大学とアートセンターへの留学体験談から、東北新社に就職してからのCM制作、フリーランスになってから映画の世界へ移って現在に至るまでのお話などをうかがった。


●必殺テクスチャイリュージョン
Photoshopワークをメインにmental rayで質感を描き分けた「七匹の大蛇」。
max6から標準装備されているmental rayを使用してレンダリング時間を短縮し、それぞれ異なる質感の蛇のテクスチャを乗せていく。mental rayで蛇を個別にレンダリングして、最後はPhotoshop上で重ねる。


●モデリングコンプリート
テーマは「曲面を多用して躍動感を表現する重装竜兵」。
躍動感あふれるラプター型の竜と美しい曲面のヨロイの、両者の要素がうまく引き出せるようにモデリングしていく。今回のように作り込みが必要とされるモデルでは、まずはローポリゴンで重要な部分を見極めて、あとから細かいディテールの部品を配置する方法を採っている。


●CGメイキングレベルアップ講座
CG制作における基本的テクニックをベースに、レベルアップするために必要なテクニックをソフト別に解説。
今回は「人形」をテーマに、質感、表情、体型、ライティングの違いによってさまざまな人形を表現する。
・「ソフト人形」顔を一からモデリングして、ポリゴン分割やモーフィングの設定にこだわる/LightWave 3D 7.5
・「関節人形」Shag:Hairで作成した髪にライトの設定をうまくコントロールしてシーンを演出/ 3ds max 6.1
・「和紙人形」人形の質感を非リアルに、着物はリアルにして、人とは違う雰囲気を創出する/ SOFTIMAGE | XSI 3.5
・「仮面人形」陶器の仮面にていねいに陰影と汚しを入れることで、人形の質感を表現/ Maya 5.0


●The Finish Works
「リズムと変化のある戦闘映像」
ゴツさとかわいらしさの同居するロボットキャラクターを使って、ロボット同士の戦闘シーンを演出する。爆発の瞬間や武器との接触面などに見られる光の表現にこだわり、色彩を調整する素材を加える。After Effects上のみでエフェクト処理を施し、仕上げ処理の効率を上げる工夫をする。


●Technical Frontier
前回に引き続きPRTを取り上げ、任意の反射特性に対応させる手法を中心に紹介する。オリジナルPRTの問題点からその改善策となるBRDFマトリックスの基本概念、さらなる問題点である高周波数への対応を解決するためのエグジット・ラディアンス・トランスファーの概念を紹介する。


●キャラに命を吹き込もう!
前回に引き続き、鹿系の動物キャラクターを例に取って四つ足動物のアニメーション手法を紹介する。アニメーションの映るサイズやシーンに応じて使われる動画の枚数は異なるので、それぞれの枚数で表現できるアニメーションを紹介したり、鹿系独特の走り方についても解説する。



定価 1,280円(税込)
判型 A4変型
発売日 2004年4月30日
ISBN 14213-06





Front page   Diff Backup Copy Rename Reload   New List of pages Search Recent changes   Help   RSS of recent changes (RSS 1.0) RSS of recent changes (RSS 2.0) RSS of recent changes (RSS Atom)
Counter: 2237, today: 1, yesterday: 1
Last-modified: 2009-12-08 (Tue) 14:21:01 (JST) (3941d) by ASKMaker
メニュー
サイト内検索
ログイン
ユーザ名:

パスワード:

IDとパスワードを記憶

パスワード紛失