想い出の残し方はライフスタイルで多種多様に変化。結婚を機に「貯蓄・保険」を購入し、結婚後の生活も視野に

ニュースを投稿して商品やサービスのPRを配信!!
ニュースリリース
注目キーワード
ホームニュースお知らせ調査・アンケート・レポート › 想い出の残し方はライフスタイルで多種多様に変化...

想い出の残し方はライフスタイルで多種多様に変化。結婚を機に「貯蓄・保険」を購入し、結婚後の生活も視野に

ASKM news
投稿者: ASKM news | 投稿日時: 2008-10-29 17:28
タグ: , , ,


Popular key word
[ タグ: , , , ]
カスタム検索

「体験型ギフトカタログ」の先駆者として、「GIFT+ing(ギフティング)」を提唱している株式会社GIFCOM(本社:東京都港区、代表取締役社長:南川一郎、以下GIFCOM)は、20?69歳の結婚している男女688名(調査期間:9月24日?9月26日)に対して「2008年 結婚準備と想い出の記録に関する調査」を行いました。


?2008年 結婚準備と想い出の記録に関する調査?
■デジタルカメラで想い出を残す:10.4%(昔)→ 67.0%(今)
■指輪や時計などアクセサリーの購入で想い出を残す:21.7%(昔)→ 47.2%(今)
■家具・インテリア用品の購入で想い出を残す:4.5%(昔)→ 14.2%(今)
■結婚を機にTVを購入:40.7%(昔)→ 25.5%(今)
■結婚を機に「貯蓄・保険」を購入:19.7%(昔)→ 31.1%(今)


=調査結果の概要=
結婚している20?69歳の男女に、結婚の想い出の残し方について聞いたところ、過去5年以内に結婚したカップルは約7割がデジタルカメラで思い出を残していることがわかりました。しかしながら10年以上前に結婚したカップルの約8割が使っていたフィルム式カメラは、約3割までそのシェアを減らしています。記録媒体以外では、指輪や時計などのアクセサリーの購入は年月を経ても人気が高く、こだわりのライフスタイルを実現できる「家具・インテリア用品」の購入で想い出を残すカップルも増えています。
結婚を機に買ったもの、買い換えたもの、利用したものについて聞いたところ、冷蔵庫、掃除機、電子レンジ、テレビ等の「家電製品」の購入率は軒並み減少傾向にあるにもかかわらず、「家具・寝具・インテリア用品」は結婚により生活スタイル(人数)が変わるせいか、今も5割のカップルが購入しています。モノの購入率が減少する一方で、「旅行」「スポーツクラブ・ヨガ・エステ」の「サービス」はこの10年で大きく上昇しています。また、結婚を機に「貯蓄・保険」を持つ人も増えており、モノの購入を節約して貯蓄や保険に回す、しっかりもののカップルが増えているようです。

※調査自体はインターネット調査会社を利用して行っております。

2008年 結婚準備と想い出の記録に関する調査
■調査方法   :インターネットアンケート
■実施期間   :2008年9月24日(水)?9月26日(金)
■対象地域   :全国
■対象者    :20?69歳の結婚している男女
■回答者数   :688名

<GIFCOM会社概要>
【社名】    :株式会社GIFCOM(ギフコム)
【代表取締役 】 :南川一郎、坂井伸一郎
【所在地】   :東京都港区赤坂1-9-13 三会堂ビル5F
【設立】    :2001年1 月
【資本金】   :1億5500万円(2008年9月1日現在)
【事業内容】  :前払式証票の発行・販売
         セールスプロモーションの企画、製作
         ギフト商品の製造・販売
【URL】    :http://www.gifcom.jp/

トラックバック(0)

新しいものから | 古いものから | RSS feed
最近の記事
メニュー
サイト内検索
ログイン
ユーザ名:

パスワード:

IDとパスワードを記憶

パスワード紛失